実店舗の強みをECサイトに取り入れる!

リモートワークなどが普及し自宅で快適に過ごしたいという方が増え、ECサイト利用が高まっています。ECサイトでもリアル店舗(実店舗)同様の接客やサービスを行うと、顧客満足度が向上します。今回は、Web接客を活用することで実店舗レベルの接客やサービスができることをご紹介します。ぜひ一読して実店舗の強みを取り入れましょう!

顧客を三段階に分けてアプローチ

顧客の商品などへの興味や関心の度合いを分けることができます。それはホットリード、ウォームリード、コールドリードです。この段階に対してうまく商品などのアプローチをかけることができれば、購買意欲を高めることができる可能性があります。そこで役立つのがWeb接客です。今回は、各段階とWeb接客の使い方についてご紹介します。

ファッションサイトも実店舗並みの提案を

多数あるファッションサイトでは、従来の販売方法に加えコーディネイトをネット上で行うようになり、この提案を活発化させることで新規顧客の獲得、マンネリ防止を図っています。そこで今回はWeb接客ツールを活用したコーディネイトをご紹介!Web接客ツールを使えば、簡単に提案が行えます。ぜひ一読してWeb接客の良さを知ってください。

お知らせ機能を利用しお客様への対応を迅速に行う

ショッピングサイトで商品が売れた際、お客様に対し迅速に対応することで、ショップの信頼度につながります。商品を購入したのに何時間も連絡のないショップはそれだけで、お客様の信用度を落としてしまいます。このようなことを防ぐために自動返信メールを設定しておくのも方法のひとつですが、チームやメンバーにも直ぐに連携を取れるように通知機能を使うことで内部連携もできて、スピーディーにお客様に対応することができます。

閲覧情報からデータを追跡できる

ユーザーの購買意欲を高めるためには、商品やサービスを向上するのも必要ではありますが、その前に集客することが最も重要です。Web接客ツールではユーザーがどのリンクで飛んでどのページを閲覧したかの分析をすることが出来ます。このデータを基に対策や改善策を考えることが可能です。例えば商品に「いいね」を設置すれば「いいね」された時に在庫確認や再訪問の可能性が高いのでポップアップで商品を表示させるなど活用が出来ます。

チャット機能で購入者やユーザーの離脱を防ぐ

インターネットが普及して以降、私たちは時間や場所に捉われることなく、資料請求などの問い合わせが行えるようになりました。このように求めている情報がすぐに手に入ることがインターネットの魅力のひとつです。今回は、ユーザーがいつでも気軽に問い合わせすることを実現したWeb接客ツールのひとつチャット機能について紹介します。

シナリオ設定でアプローチしたいタイミングで商品をお勧めする機能

Web接客機能にはあらかじめ訪問したユーザーに対して、こちらが意図した通りのストーリーで購入につながるようなシナリオという機能を設定しておくことができます。シナリオを設定しておくことで、ショッピングサイトを効率よくユーザーに対して閲覧してもらえるようになるため、貴方のサイトをより、魅力的に伝えることができます。

Translate »